【用語集】1分で分かるアドネットワーク

shogo

広告媒体としてのサイトやアプリを多数集めて形成される「広告配信ネットワーク」を指します。

アドネットワークとは

アドネットワークとは、広告媒体のウェブサイトを多数集めて形成される「広告配信ネットワーク」のことであり、日本では2008年頃から登場し始めたました。

多くのウェブサイトを媒体とすることで、全体では多くのトラフィック量(アクセス数や接続要求数など)を確保することが可能になります。

 

メリット

個々で独立していた広告媒体が集約されたことにより、広告主はアドネットワーク事業者に広告発注を一元化することができ、広告媒体を選定するのにかけるコストを低く抑えることが可能となりました。

また、広告媒体としても、アドネットワーク事業者に受注や掲載の手続きなどを任せることができるため、広告在庫の売れ残りリスクがほとんどなくなり、広告主と広告媒体の両者に大きなメリットを生みます。

 

デメリット

一方で、ブランドイメージを損なうようなサイトや、ターゲットとは無関係のサイトに広告掲載をされる可能性もあります。

特定のサイトに広告を掲載しない仕組みなども導入されてきてはいますが、すべての広告主のニーズに対応するのは非常に困難であり、掲載を躊躇する企業もあります。