取得すると信頼度UP!インスタグラムの認証バッジを取得する方法と効果を解説

トピカ編集部

この記事ではInstagramの「認証バッジ」についてご説明しています。

認証バッジとは?

Instagramで有名人や著名人、ブランドアカウントを見たときに、画像のようなマークを目にしたことはありませんか? 

UNIQLO(uniqlo

このアカウント名の右隣にある青いチェックマークは「認証バッジ」と呼ばれ、有名人や著名人、世界的に有名なブランドの公式アカウントであることを示します。

取得するとどうなるの?

認証バッジはアカウントが公式であることを証明することはもちろん、なりすまし防止の対策も担っています。無料で誰でも使えるSNSはなりすましの被害も多く、あたかも本人のように偽り画像などを投稿するアカウントが溢れています。

認証バッジを取得することでなりすましを防ぐことができ、ユーザーへの安心感や信頼感にもつながります。公式アカウントであることをアピールできることからフォロー率の増加にもつながるでしょう。また、認証バッジを取得するとInstagram内の検索で上位に表示されるなどのメリットもあるようです。

取得するための条件

認証バッジの取得には以下の条件を満たしていなければなりません。

  • 本物である: 実在の個人または登記されているビジネスや団体を表すアカウントである必要があります。
  • 独自性がある: アカウントが表す人物やビジネスの、独自のプレゼンスである必要があります。個人やビジネスごとに1つのアカウントのみが認証を受けられます。ただし、言語別のアカウントは例外です。一般的な趣味・関心のアカウント(例: @puppymemes)は認証していません。
  • 完全である: アカウントが公開されていて、自己紹介、プロフィール写真、1つ以上の投稿がある必要があります。プロフィールには、他のソーシャルメディアサービスへの[私を追加]リンクを含めてはいけません。
  • 有名である: 広く知られており、よく検索される個人、ブランド、団体を表すアカウントである必要があります。Instagramでは複数のニュースソースで取り上げられているアカウントを審査し、有料コンテンツや広告は審査対象のソースとしてみなしません。

Instagramヘルプセンター「認証バッジ」より

認証バッジの申請方法

ここでは、認証バッジの申請手順をご説明します。認証バッジの申請はアプリからのみ可能となっています。

①プロフィール画面右上の「≡」より「設定」をタップします。

②「認証をリクエスト」をタップし、③に名前や本人確認書類を添付し、送信をタップすれば完了です。

申請後、アカウントに認証されたかどうかをお知らせする通知が届きます。申請が認められなかった場合は、30日後に改めて再申請することができるようです。

認証バッジがなくても公式アカウントだと示す方法

一般的なアカウントで取得するのは難しい認証バッジですが、もともとの目的は「本人であることを示すもの」です。そのため、承認バッジがなくても、公式ウェブサイトからInstagramのプロフィールにリンクを貼ることで、そのアカウントが自分のものである、ということを示すことができます。

承認バッジがあればブランドや企業の信頼性も増します。条件が高いため、現状では個人や中小企業のアカウントで認証バッジを取得することが難しいですが、先ほど説明したような対策をすることで信頼性のある施策を講じることができます。ユーザーから信頼されるサイトやアカウントになるよう日々、心がけて運営することが最も大切ではないでしょうか。

TOPICAではSNSの運用や動画の活用戦略など、企業のデジタル動画マーケティング支援を行っております。運用に関するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!