【用語集】1分で分かるCTR(Click Through Rate)とは?

トピカ編集部

CTRとは[Click Through Rate]の略であり、広告が表示された回数に対して、クリックされた割合を表します。

CTRとは?

CTRとはClick Through Rate(クリック・スルー・レート)の略であり、クリック率やクリックスルー率と呼ばれるもので、広告が表示された回数(imp/インプレッション数)に対して、何回クリックされたのかを表します。

算出方法

以下の方法で求めることができます。

CTR = (クリック数) ÷ (インプレッション数) × 100

広告を見た人が、どれほどの割合で興味を持ったのかを測る指標であり、CTRが高いほど効果的な広告といえます。一般的に、CTRとCVR(コンバージョン・レート)が並び称される機会が多いですが、CVRは購入や問い合わせなどの実際の行動が伴うため、その商材の魅力や顧客が置かれている状況(予算や顧客の決裁権限等)に影響されることが多いのに対し、CTRはクリエイティブや広告の掲載位置のコントロールで数値を向上させることが可能です。

A/Bテストの実施によってクリエイティブや掲載位置を同時並行で表示出し分けをしながら数値結果を比較し、CTR改善をすることができます。

例えば、ECサイト(ECモール)の例を挙げてみましょう。

Aという商品とBという商品のWEB広告を2つ同時掲載し、実際のコンバージョン(購入)まで数値を追ってみたとします。

A商品:CTR 3% CVR 1%
B商品:CTR 1% CVR 2%

このような数値結果が出たとします。

A商品はCTRが高く、CVRが低い結果となりました。CTRは高いため、広告のクリエイティブは合格といえるかもしれませんが、CVRが低いため、実際の購入ページのボタンの位置や色に問題がある場合や、商品紹介の訴求内容が不十分であるケース、広告と商品とのギャップの大きさなどの問題が考えられます。

一方、B商品はCTRが低く、CVRが高い結果となりました。これは広告のクリエイティブやキャッチコピーが改善の余地があるケースや、そもそもの広告の掲出先と商品のミスマッチが起きている可能性があります。CVRが高いということは、広告のクリエイティブを改善し、広告出向先の最適化を行って露出を増やせば、自動的に売り上げも上がるだろう、という見込みを立てることができます。

社内にデザイナーやエンジニアがいれば即時で改善を行うことができますが、外注している場合はコスト等の兼ね合いで、数字が悪いことが分かっていてもスムーズにアクションを起こせない場合もあります。

CTR/CVRの数値結果で一喜一憂して終わりではなく、社内の運用体制、広告予算も同時に見直しつつ、最適化を図ることが重要と言えます。

参考:CVR(Conversion Rate)とは?