TikTokの基本操作から動画撮影のコツ・テクニックまとめ!

トピカ編集部

ガジェットの撮影

今や女子中高生の必須アプリとなった「TikTok」ですが、15秒動画のなかには趣向を凝らした表現方法やテクニックが盛り込まれています。今回はTikTokの基本的な使い方と、上手に撮影するコツやテクニックをまとめてご紹介します。

TikTokの基本的な使い方

TikTokの画像
出典:雑感ビビ
まずは基本的な画面の見方から。とても分かりやすく操作しやすいレイアウトになっていますね。一目でどこになにがあるかをチェックできます。

撮影に欠かせない基本機能

先ほど説明した機能の画面では、特殊効果やカバー画像、フィルターなどを設定できます。

フィルターを設定する際は、動画撮影中に該当フィルターのマークをタップするだけで、押した秒数分だけ、スロー再生やノイズなど、動画にあらゆる効果を付け足すことができます。

そしてもう一つ欠かせない機能が非公開機能です。動画を公開せずに保存したい場合などに便利です。

撮影に関する一連の流れ

撮影

「撮影→編集→投稿」がTikTokの基本の流れです。まずは撮影から解説します。
TikTok
TikTokアプリを起動し、画面下部の「+」ボタンをタップすると撮影画面に移行します。

BGMを設定し、撮影画面の中央にある「タップで撮影」という赤いアイコンで撮影を開始します。撮影時にインカメラ、アウトカメラの切り替えや速度の調整も可能です。

撮影後に変更も可能!

撮影後にBGMを挿入もしくは変更したい場合は、加工画面右上の「楽曲を選ぶ」をタップしてください。
TikTok
タップすると動画と組み合わせる音楽選択できる画面に移行します。トレンドやプレイリスト、人気急上昇中の楽曲などカテゴリ分けされているので、いろいろと視聴して動画に合う楽曲を探してみてください。

動画やBGMの音量は「ボリューム」をタップすることで変更可能です。加工画面上部の「楽曲をカット」をタップすると、画面下部に楽曲をトリムするバーが表示され、音楽の再生開始ポイントを変更できます。

右側にあるメニューの「美肌」をタップすると画面下部に画質選択バーが表示され、お好みの画質のアイコンをタップすることで画質を綺麗に加工できます。この画質変更は動画の撮影後でも変更可能です。
TikTok
TikTokの動画の録画停止位置を指定する場合は、「カウントダウン」をタップします。時間は3秒と10秒があります。

画面下部に録画停止位置選択バーが表示されます。「カウントダウンを開始」をタップすると、3・2・1とカウントダウンした後に撮影が開始され、指定した時間に達すると自動で撮影を停止します。

端末内の動画を使用したい場合は、画面右下部の「アップロード」をタップしてください。

動画を加工する

TikTok
画面左下部の「スタンプ」をタップすると、画面下部にエフェクト選択バーが表示されます。エフェクトアイコンをタップすることで使用するフィルターやスタンプを選択することができます。

エフェクト機能の詳細については『多種多様の機能が満載!TikTokの撮影&編集機能について解説』にて紹介しています。

動画の保存・投稿について

TikTok
出典:applica
自分好みに動画を編集したら投稿しましょう!

TikTokの加工画面右下にある「次へ」をタップすると、投稿画面に移行します。

投稿画面ではオリジナル動画に付与するタイトルの編集や投稿に関わる各種設定が可能です。投稿だけではなく、各SNSへの同時シェアや端末に保存することも可能です。TikTokに投稿する場合は、投稿画面右下の「投稿」をタップしてください。
TikTok
出典:applica
タップするとTikTokに動画が公開されます。あとで投稿したい場合は、投稿画面左下の「下書き」をタップしてください。下書きとして動画が保存され、いつでも投稿できる状態で保存することができます。

上手に撮影するコツやテクニックの一部をご紹介

回転


はじめにTikTokの王道テクニックといってもいい「回転(カメラを回す)」をご紹介します。

まず、TikTokの撮影画面で動画を撮影する際、「速度変更」で「3倍速」に設定します。

3倍速でスマホを構え、スマホを利き手で持ち、反時計の向きにスマホを回し始めます。回す速度は“重力に従って回す”くらいの速度で回すのがコツです。

反時計に回し、時計の10時の位置くらいまでスマホがきたら「撮影」をタップします。タップしたまま反時計周りに回転させ、スマホが6時の位置にきたときに「撮影」から指を離します。

この一連の動作を3〜4回ほど繰り返してから通常通り撮影し始めると、インパクトのある始まり方になるため動画に迫力を持たせることができます。

フィルター

TikTok
出典:雑感ビビ
「フィルター」を使った動画加工方法を紹介します。

動画に様々なエフェクトをかけたい場合は、加工画面下部の「フィルター」をタップ。フィルター選択画面に移行し、TikTokが用意している様々なエフェクトを選択することができます。

エフェクトの種類は大きく分けてポートレート、ライフ、アーティストの3つ。モノクロや美白に見えるようなフィルターなど様々なフィルターが用意されているので、お好みのフィルターを選択してみてください。

pump


続いて「pump」というTikTokの動画の撮り方を紹介します。TikTokの撮影画面にて「楽曲を選ぶ」から「pump」と検索し、pumpという曲を選択します。

選択すると曲が再生されるので、この曲に合わせてスマホを上下に揺らしながらスマホを横に流します。こうすることで楽曲に合わせてリズムを取っているように見せることができます。

衣装チェンジ


最後に「衣装チェンジ」というTikTokの動画の撮り方を説明します。

適当な時間で撮影しているスマホのカメラを手で隠し、動画の撮影をストップします。その間に次の衣装に着替えます。

着替え終わったら、カメラを手で隠している状態から撮影を再開し、手をカメラから離します。この方法により、あたかも衣装がパッと変わったような演出をすることができますよ!

まとめ

以上、TikTokの基本的な使い方とコツをご紹介しました。

慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、一連の流れを把握すれば簡単に動画を作成できるようになるでしょう。実際に動画をとって、いろいろ試してみてくださいね!