Twitter運用を外注すべき企業とは?運用代行の費用と業務内容を解説!

服部莉奈

Twitterの運用を外注しようと考えている企業の担当者に向けて、外注のメリット・デメリットを解説します。また外注先として候補に挙がる、企業とフリーランスの違いについても解説しているので、Twitterの運用方針にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

多くの企業が自社のマーケティングやPRのためにTwitter活用しています。

しかし、その効果を実感できるほど運用に成功している企業は、少ないのではないでしょうか。

Twitterの運用に効果を感じられないときに、検討していただきたいのがTwitter運用代行です。

初期コストこそかかりますが、プロに任せることで効果が出るまでの時間を短縮できるので、トータルで見れば得をすることがほとんどでしょう。

そこで本記事では、Twitterの運用を外注する際に押さえておきたいポイントについて詳しく解説します。

また、外注コストを抑えるためにも、自社の状態を把握するのが重要です。無料で診断できますので、ご活用ください。

\企業のSNSを無料診断!

 

Twitterの運用を外注すると何ができるのか?

Twitterの外注をすることで、以下の作業を代行してもらえます。

・企画・ブランディング
・投稿の作成
・投稿の代行
・コメントの確認・返信
・広告運用
・分析・レポート作成

上記の項目をすべて行ってもらえるわけではなく、依頼する企業や料金プランによって変動します。自社に必要なサービスを見極めたうえで、依頼しましょう。

まずは無料診断で自社の課題を確認してみるのもいいでしょう。

\SNSを無料診断!

 

Twitter運用を外注するメリットとは?

メリット
Twitter運用を外注するメリットは数多くありますが、重要なのは大きく分けて以下の2つです。

  • コア業務に集中できる
  • 専門家の最新の知見を活用できる

上記について詳しく解説します。

コア業務に集中できる

Twitterを外注するメリットは、他のコア業務に集中できることです。

SNSの運用はマーケティングを専門とする社員が担当できればベストですが、中小企業にはマーケティング専任の担当者が存在しないケースもあります。

以上のような背景から、Twitterの運用を片手間にやっている企業も多いです。

しかし、競合アカウントの関係から片手間では成果が出ないケースも往々にあります。

もし片手間で運用して効果を実感できていないのであれば、外注してしまった方が他の業務を圧迫せずに、よりコアな業務に集中できるようになります。

専門家の最新の知見を活用できる

SNSの運用にはトレンドがあります。

知見のある企業のオウンドメディアなどを見れば、トレンドについては学べますが、実務レベルで活用するにはプロの手が必要なことがほとんどです。

またメディアで語られる情報には、少し古いものもあります。
特に、移り変わりの激しいSNS領域では、過去に有用だったノウハウもすぐに廃れてしまうケースもあります。

何が最新の情報なのかを知るためには、プロの手を借りることをおすすめします。

Twitter運用を外注するデメリットとは?

デメリット
Twitter運用の代行には外注はメリットだけではありません。
デメリットを確認した上で最適な方法を選びましょう。

自社にノウハウがたまらないケースがある

運用代行会社がどんな運用をしているのかわからないと、自社にノウハウがたまらないことがあります。

これは運用の依頼を受けた企業が、依頼主に方針を明確にしていないことも原因ですが、依頼主が運用代行会社に丸投げしていて、運用方法には無頓着な場合もあるでしょう。

良い運用会社であれば、運用を開始する前に方針を明確にしたうえで施策に入るので、運用の中身がブラックボックス化することもありません。

クリック率やインプレッションがなぜ増えたのか、その理由がわからなければ、運用会社のサポートが終わった後には何も残りません。

Twitterの運用を外注するときには、運用方針を明確に示してくれる企業に依頼しましょう。

費用が発生する

Twitterの運用の代行にはもちろんコストが発生します。

Twitterは無料で始められるが故に、外注費のような目に見えるコストを敬遠する方も多いです。
社内で運用すれば、余計なコストがかからないという考えもあるかもしれませんが、社員にも人件費がかかっているはずです。

SNSマーケティング以外が専門の社員であれば、他の業務に専念した方が業務効率は上がります。

そんな貴重な人員が工数を割くよりも、外部スタッフが運用した方が時間対効果は高いことがほとんどです。

Twitterの運用を外注すべき企業とは?

外注Twitterの運用を外注した方が良い企業とは、どんな企業でしょうか。
該当する企業の具体的な特徴を挙げていきます。

専任の担当者がいない

専任の担当者がいない場合、Twitterの運用は後回しになりがちです。

また複数人が片手間でアカウントを運用している場合、責任の所在も不明確なケースが多く、どうしても結果にコミットしにくいはず。

運用に多少の時間は割くけれど、成果があがらない……そんな企業の場合は、外注した方が良い結果になることが多いでしょう。

Twitterによる集客のウェイトが重い

Twitter経由の集客が大きなウェイトを占めている場合、運用方法に手を加えることで、売上をアップできる可能性があります。

もしTwitter経由の集客が安定せず、頭打ちになっているのであれば、プロに相談する価値は十分にあります。

ゼロイチでアカウントを伸ばすにはそれなりの時間が必要ですが、すでに売上がある商材・サービスの売上を伸ばすのであれば、ちょっとした工夫で改善することも多いです。

企業とフリーランスのどちらに外注すべきか

疑問
Twitterの運用を外注する際の候補は、企業かフリーランスの2択です。

どちらを選ぶのか迷う人のために、それぞれに依頼するメリット・デメリットについて解説します。

企業に依頼するメリット・デメリット

企業に依頼するメリットは、信頼性の高さです。

実績のある企業であれば、いくつもの成功事例を持っています。

多数ある成功事例をもとに、クライアントに適した施策を検討してくれるので、アカウントが伸びる確率も高いです。

一方のデメリットは、料金です。

特に実績のある企業に依頼する場合、それなりの料金を請求されることがほとんどです。

また料金は作業範囲によって変動します。

投稿を作成してもらうだけなのか、コメントへの返信や月次レポートまでお願いするのかでも金額に差が出るでしょう。

ただ得られるリターンを鑑みれば、企業に依頼に依頼した方が安くつくケースが多いです。

信頼できるフリーランスを抱えていないのであれば、企業への依頼した方が安心といえるでしょう。

フリーランスに依頼するメリット・デメリット

フリーランスに依頼する第一のメリットは、料金の安さです。

ほとんどの場合は企業よりもはるかに安い金額なので、気軽に依頼できるのはメリットでしょう。

ただフリーランスは、あくまでも個人として稼働しており、得意な領域も限られています。

ミスマッチが起きないように、フリーランスに依頼する場合は、自社のビジネスと親和性の高いフリーランスを選びましょう。

もしフリーランスに重要な業務をまかせるのが不安であれば、部分的に業務を依頼することがおすすめです。

コンテンツの制作〜分析までできるフリーランスは稀です。

たとえばコンテンツ制作が得意なインフルエンサーに投稿をまかせて、分析は自社で行うなどの分業体制も検討できます。

またテンプレに沿った投稿なども、企業に依頼するよりもフリーランスに依頼した方が安いはずです。

しかし、フリーランスには信頼性がないというのも事実です。

フリーランスに依頼していたが、途中から連絡が取れなくなってしまった。というケースも耳にします。

コストをあまりかけられない企業や信頼できるフリーランスのコネクションを持っている企業は、フリーランスに依頼するのも一つの手でしょう。

Twitterの運用を代行する際の費用相場

Twitterの運用を代行する際の費用について、解説します。

企業に依頼する場合の相場をまとめた表が、以下のとおりです。

費用 月額10万円以下 月額20万円〜30万円 月額30万円以上
対応範囲 記事の作成
投稿の代行
記事の作成
投稿の代行
コメントへの返信
分析・レポート作成
記事の作成
投稿の代行
コメントへの返信
分析・レポート作成
広告運用
ミーティング

Twitterの運用を企業に依頼する場合、月額20万円〜30万円が一般的です。

このぐらいの予算があれば、ノウハウがない企業でも成果を出しやすいでしょう。

月額10万以下の予算の場合、ある程度自社で運用を担う必要があります。
分析ができる人がいるけれど、クリエイティブの制作までは手がまわらない場合など、リソースを補う目的の外注になるでしょう。

月額30万円以上を支払うと、トータルサポートに近いサービスを受けられます。

Twitterの運用に関するほぼすべての業務を丸投げできるので、リソースは足りないけれど、コストをかけても良い場合に検討しましょう。

Twitter外注におすすめの企業5選

Twitterを外注するのに、おすすめの企業を紹介します。

それぞれの特徴を詳しく解説するので、自社に必要なサービスを提供している企業に問い合わせをしてみましょう。

株式会社TOPICA

会社概要

会社名:株式会社トピカ
株式会社TOPICA
公式サイト:https://topica.co.jp/
本社所在地:東京都千代田区有楽町2丁目2−1 X-PRESS有楽町12F

サービス概要

SNSマーケティング
動画マーケティング

特徴

株式会社TOPICAは、SNSを活用した動画マーケティングに強みのある企業です。Twitterだけでなく、Instagramやtiktokなどの複数の媒体に知見があるため、媒体選びからアドバイスしてくれます。

特にレシピ動画を活用した動画に強みがあり、自社でも「GOHAN」というSNSアカウントを運営しています。(2022年現在、フォロワー数30万人以上)

さらに今なら、アカウント診断無料で行ってくれるキャンペーンを実施しています。

どんな企業におすすめか

Twitterの運用に動画を取り入れたい企業に、おすすめの企業です。
特にレシピ動画に強く、飲食業に関しては大手企業へのサポート実績も多数。

\大手企業との取引実績多数!

オリナス株式会社

会社概要

会社名:オリナス株式会社 / Orinas Inc.
オリナス株式会社
公式サイト:https://orinas.jp/
本社所在地:東京都中野区弥生町2-25-13 3F

サービス概要

SNSマーケティング
動画マーケティング

特徴

オリナス株式会社は、女性向け商材のSNS支援に強いデジタルマーケティング会社です。
SNS運用のみならず、Web制作やDX支援など幅広い分野に対応しています。

どんな企業におすすめか

女性向けの商材を持つ企業におすすめの会社です。
化粧品など女性向けの商材を扱っている場合は、依頼を検討してみましょう。

株式会社シェアコト

会社概要

会社名:株式会社シェアコト
株式会社シェアコト
公式サイト:https://www.sharecoto.co.jp/
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー29F

サービス概要

ソーシャルメディアマーケティング
WEBマーケティング
コンテンツマーケティング

特徴

株式会社シェアコトは、SNSを活用したプロモーションを代行する企業です。
大手企業との取引実績が多く、実際の成果につながっている案件も多数。

どんな企業におすすめか

自社のリソースが足りない企業や、Twitter運用のノウハウがない企業におすすめです。
企画〜運用までワンストップで対応してくれるので、面倒な作業はすべてまかせることができます。

デジマール株式会社

会社概要

会社名:デジマール株式会社
デジマール株式会社
公式サイト:https://digimarl.com/
本社所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F

サービス概要

デジタルマーケティング
広告運用代行

特徴

デジマール株式会社は、Web広告の運用代行を中心に行う企業です。
バナー・動画やランディングページなどの制作も請け負ってくれます。

どんな企業におすすめか

Twitter広告の出稿を検討する企業におすすめです。
クリエイティブの制作や、広告の遷移先であるLPのアクセス解析も行ってくれるので、総合的なマーケティング支援を望む企業に最適です。

株式会社デジタルトレンズ

会社概要
会社名:株式会社デジタルトレンズ
株式会社デジタルトレンズ
公式サイト:https://dgtrends.com/
本社所在地:東京都新宿区新宿5-16-15 花園MJビル5F

サービス概要

インターネット広告運用代行
Webコンサルティング
コンテンツマーケティング

特徴

株式会社デジタルトレンズは、広告運用やメディア運営を軸にしたWebマーケティングの企業です。

コンテンツマーケティング全般に長けており、SNSを含む様々なマーケティング施策を依頼できます。

どんな企業におすすめか

Twitterの運用まで手がまわらないけれど、短期間でフォロワーを増やしたい企業におすすめです。

バズを起こすための設計も可能なので、アカウントを急速に伸ばしたい企業は、依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】コストはかかるがTwitterの外注はメリットあり

Twitterアカウントを伸ばすには、さまざまなテクニックが必要です。もし自社にノウハウがない場合は、運用代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自社で運用するよりも、はるかに効率的な場合も多いので、気になる企業に問い合わせをしてみましょう。ただSNS運用を外部に依頼すると、月額20万円〜30万円ほどの費用がかかります。

ほとんどの中小企業にとっては、それなり大きい金額です。

そんなとき、もっと手軽に自社のTwitter運用について質問できるサービスがあれば……。

株式会社TOPICAでは、『Dr SNS』というSNSアカウントの診断サービスを運営しています。

月額980円で5回/月までの質問ができるので、企業によってはSNS運用のすべてを当サービスでまかなえるかもしれません。

まずは、Dr.SNSのようなサービスでできるだけコストを抑えた形で初めてみてはいかがでしょうか。。

\企業のSNSを無料診断!