【2017年度】バズった動画最新まとめ10選

トピカ編集部

企業の方必見!【2017年】最新のBuzzった動画10本を厳選!マーケティング等のヒントになるかも!

最近では従来の広告だけではなく、動画を活用した企業プロモーションも増えてきています。

実際に動画を活用したマーケティングは高い効果を発揮するため、企業も活用することが多くなってきているようです。

今回は、世間で話題になった動画10選まとめてみましたので、プロモーションなどを考えている企業様のお役に立てればと思います。

それぞれ特徴的な動画で、何かのヒントになるかと思います。

1.最後での裏切り!?驚愕なラスト!

宮崎県小林市移住促進PRムービー“ンダモシタン小林”

動画再生回数:約240万回(YouTubeより)

一般的に自治体のプロモーションというと、少しカタいものを想像してしまいますが、この動画には遊び心が隠されています。思わず声が出てしまうラストが待っています!

企画:株式会社電通

制作:株式会社ROBOT

 宮崎県小林市PRムービー“サバイバル下校”

動画再生回数:22万回(YouTubeより)

こちらは宮崎県小林市PRムービーの第5弾になります。シリアスの展開と思いきや、また裏切られます。(笑)街の魅力が詰まったとてもおもしろい動画ですね。

企画:株式会社電通

制作:株式会社ROBOT

2.ギャル語での食レポがとりま、神ってる〜

 すかいらーくガスト/季節限定メニュー「オニバーグ」紹介動画

来店する来客数を増やすため、20~30代の女性をターゲットに商品の認知・関心向上を目的として制作されまたものです。ギャル語でオニバーグの魅力を伝えるとともに、それだけでなく斬新性にSNS等でもかなり話題になった動画です。

企画制作:Viibar

3.若年層と非若年層でのズレ!?

VAZ inc./JAPANESE BUZZ

動画再生回数:約71万回(YouTubeより)

日清食品のWEB CMである『INSTANT BUZZ 侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生』をVAZ inc.により完全パロディーされたもの。若者のバズ(流行)に対して接触機会がないこと、そしてそれらのバズがSNSからインフルエンサーを中心に草の根的に発信されたものであるという若者特有の構造を背景に、「バズを知らない恥を知れ」をテーマにしたもの。SNSで大きな反響がありました。

企画制作:株式会社VAZ

4.革新的!スマホ向けMVの最高傑作!!

lyrical school/RUN and RUN

ヒップホップアイドルユニット・lyrical school(リリカルスクール)のメジャーデビュー曲「RUN and RUN」のMVが革新的で多くのSNSで反響を呼びました。

MV見てるだけなのに、スマホがジャックされた感覚に!ぜひiphoneの画面で見てみてください!!

企画制作:AOI pro.

5.家族の絆に感動!!

ANAセールス株式会社/ANAの旅作 魔法のチケット

家族の人数よりも1枚、枚数の少ないチケットをプレゼントされた子供達の行動に涙。感動を呼び、SNSなどで話題に。

企画制作:Viibar

6.CMに出演できるチャンス!?

pepsi/まさか!小栗“桃太郎”が鬼に敗れる?「ペプシ」新CMで援軍募集

ペプシはなんとCMで出演者を募集!SNS上で#ハッシュタグをつけて投稿することによって出演権を得るという形をとることで、話題を呼んでいます。
ペプシ #いざ鬼ヶ島

企画制作:株式会社タグボート

7.定番の!三太郎シリーズ

au/三太郎シリーズ

こちらのauの三太郎シリーズはかなり有名ですよね。毎回おもしろい仕掛けで楽しませてくれます。ストーリー性もしっかりしているため次はどうするのだろう、と期待してしまいますよね。(笑)

企画制作:株式会社電通

8.日本を代表するあの…!

NISSIN/カップヌードル「7 SAMURAI篇」

動画再生回数:約460万回(YouTubeより)

世界を沸かせる、日本のもの。それはSAMURAIとカップヌードル!ということで二つをうまく掛け合わせています。(笑)かなりインパクトありです!

企画制作:博報堂・ TYO・ TYO プロダクションズ2 赤坂

9.家族の絆に泣ける!

東京ガス/家族の絆シリーズ

このシリーズは泣けますね。企業イメージがガラッとよくなる、そんなCMです。

企画制作:株式会社電通

10.感動的すぎてネットで大絶賛!!

pampers/MOM’S 1ST BIRTHDAY ママも1歳、おめでとう。

再生回数:620万回(YouTubeより)

ネットで大反響だった動画です!全国のママたちにとって本当に共感できるものなのではないでしょうか。TwitterやFacebookだけでなく、2ちゃんねるやブログでも話題になり、世界中に感動を与えました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?様々なジャンルから話題性のあるものを厳選してお届けしました。それぞれ特徴的で、上手く表現されたものばかりですね。

全体としての共通点として、今までにない“革新さ”が目立ちますね。1でご紹介した宮崎県小林市のPR動画など特に、みなさん目新しさに驚いたのではないでしょうか?私自身、地域PR動画は少し硬いイメージを持っていましたので良い意味で期待を裏切られました。(笑)

やはり世間の関心を引くにはこれまでにないものであることが望ましいようですね。また取り上げることができなかったものをご紹介できたらと思います。

今回の記事が、動画マーケティングの成功事例として、企業様の動画マーケティング等の参考になれば幸いです。