【TOPICA式動画マーケティング】動画マーケティングの全体像を理解しよう

トピカ編集部

動画マーケティング

動画をビジネスに活用しようとお考えの企業のご担当者様必見!動画マーケティングの基礎から徹底解剖!

スマートフォンの普及により、企業のマーケティング手法が大きく変化しています。
中でも特に注目されているのが、動画を用いたマーケティングです。

従来、動画を用いたマーケティングや広告手法といえば、TVを媒介としたCMやネットショッピングなどが一般的でした。
大衆に向けて発信できるTVの効果は絶大でしたが、制作費や配信料など一回の配信にかかる費用も膨大なものでした。

しかし、「スマートフォンの普及」「携帯電話キャリアによるデータ通信量の大きなプランの提供」「無料Wi-Fiスポットの増加」「ユーザーの滞在時間増加を目指したSNSプラットフォームによる動画コンテンツの優遇」などの要因により、以前よりも圧倒的に低いコストで企業は動画マーケティングを行える状況になっています。

この記事では、動画マーケティングの概要や実際にTOPICAが行なっている動画マーケティングの具体的な手法を紹介していきます。
動画マーケティングの方法がわからずに困っている企業の方は是非とも参考にしてください。

動画マーケティングの目的とは

TOPICAが考える動画マーケティングの目的は、企業または商品のブランド価値を高めていくことです。

そもそも、マーケティングとは「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を得られるようにするための概念」であり、商品企画から販売に至るまでの全ての活動を指すものです。
これらの諸活動の中で、特に広告・宣伝・広報・販売促進といった活動に対して、動画は効果的な手法となっています。
動画マーケティングを用いることで、企業が持っている商品やサービスの良さを理解してもらい、顧客と良質な関係性を築いていくことができるのです。

TOPICA式動画マーケティングとは

TOPICAが考える動画マーケティングには、大きく分けて「メディアモデル」と「広告モデル」の2つの種類のモデルが存在します。

1. メディアモデル
TOPICA式動画マーケティングはメディアモデルを中心とした手法となります。
数年前までは、企業がオウンドメディアを運用することが推奨されていました。
しかし、スマートフォンが普及し、ネットワーク上のコンテンツが増加したことにより、ユーザーの行動特性は、「ブラウザを立ち上げて検索ワードを入力する」という能動的なものから「自身が日頃使っているSNSアプリの中で情報収集する」という受動的なものに変化しています。
そのため、SNSで完結するコンテンツが求められているのです。

一日の時間は有限にもかかわらず、TV・雑誌・新聞・インターネット・スマホアプリなど様々なところでコンテンツ量が増加し、可処分時間の奪い合いが起きています。
オウンドメディアの強化、ホームページの開設、サービスページの開設など、企業や商品のブランド認知のために様々な施策を考えている企業は多いと思いますが、残念なことに検索するユーザー数は年々減ってきています。

この課題に対して、一つの解決策としてTOPICAが実施しているのが「SNSプラットフォーム上でメディアを保有すること」です。

HPなどのWEB上でのコンテンツは、ユーザの頭の中に企業名や商品名を思い浮かべた状態で検索ワードを入力し、サイトに訪問するという一連の行動によって情報伝達が行われます。
つまり、既にニーズが顕在化しているユーザーのみにしか情報を発信できていない状態です。

一方、「TOPICA式動画マーケティング」が提唱する、SNS上でメディアを運用する方法の場合、プラットフォームが保有する「ユーザー属性」や「過去の行動履歴」に基づき、類似するユーザに向けて情報を配信することができます。
それにより、潜在的なニーズを抱えていたにも関わらず、その企業や商品を知らなかったユーザに対して、情報伝達を行うことができるのです。

2. 広告モデル
広告モデルについては、詳細は後日記事として掲載させていただきます。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングを活用するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

1. コストを抑えて配信できる
TVなどと比べて、安価で気軽に動画を配信することができます。リッチなコンテンツよりもユーザ目線で、親近感が湧く動画造りが大切であるため、制作費も多くはかかりません。

2. 狙ったユーザに情報を届けることができる
SNSプラットフォームがユーザー情報を保有しているため、適切なユーザーに向けて動画を配信することができます。
さらに、ユーザーの行動履歴が分析できるため、配信後に「狙ったユーザーに情報が届いているのか」という効果の測定も行えます。
また、ユーザーの行動履歴がデータベース化されていることで、潜在的なニーズを抱えたユーザーを発見することも可能です。

3. より深い理解を促すことができる
テキストや画像よりも圧倒的に多くの情報をわかりやすく伝えることができます。

動画マーケティングの手順

1. その企業の理念と商品を徹底的に理解する
その企業の開発者になった気持ちで情報を発信することが大切です。
ブランドの歴史や社員一人一人の思いを理解することで、その会社が「どのような人に届けたいのか」というニーズを掘り出すことができます。

2. ペルソナを設定する
ペルソナとは、「ある商品やサービスにとって最も重要かつ象徴的なユーザー像」です。通常、実在する一人の人間かのような詳しい属性情報や趣味趣向、価値観や生活パターンを設定します。

3. ペルソナが好きな世界観を考える
ペルソナを設定することによって、その情報を誰がどんなシチュエーションで必要としているのかが明確となり、ユーザ目線で意思決定を行うことができるようになりますし、担当者間でのすり合わせも非常に簡単になります。

「この施策を行うことで、その人は喜ぶか」という視点で考えられているかを確認することで、本当にユーザーのためになる判断ができるのです。こうした基準を一つ持っているだけで、判断が非常に楽になります。

4. メディアコンセプトを作成する
メディアコンセプトとは、活動指針のことであり、「誰に、何を、どのように伝えるか」を明確にし、その方向性がブレないようにするために用います。
メディアコンセプトを考えるために、その商品やブランドの実態をSWOT分析で洗い出しましょう。出てきた要素をまとめ上げ、一つのメディアコンセプトに落とし込みます。
完成したメディアコンセプトを企画書にまとめ上げ、定期的に内容を振り返りるようにしましょう。

5. コンテンツを配信する
SNSアカウントを立ち上げます。
コンセプトをもとにサンプルのコンテンツを配信していきましょう。
広告モデルかメディアモデルなのかで手法は変わってきます。
こちらについては後日記事を更新させていただきます。

6. 日々改善していく
日ベースでユーザの行動を確認し、コンテンツを日々ブラッシュアップしたり、新たな集客施策を打つなど、スピーディにPDCAを回していくことが大切です。

TOPICAの成功事例

TOPICAがInstagramアカウントで10万フォロワーを獲得するまでの施策を紹介します。

GOHANのInstagramアカウント

1. Facebookアカウントを立ち上げる
FacebookとInstagramの特性の違いを認識しましょう。
Facebookは実名制かつビジネスマンの男性が多く拡散性が高いSNSです。

2. Facebookの拡散性を活用して質の高いユーザーを集めていく
まずは拡散性の高いFacebookアカウントを運用し、ブランドの認知度を高めることから始めます。

3. Instagramのアカウントを作成
Facebookの拡散により、ある程度ファンが生まれ始めた状態でInstagramのアカウントを作成します。

4. Instagramの世界観に合わせて、コンテンツを改良して配信
Facebookでの認知をもとにInstagramアカウントでもコンテンツを配信していきます。
しかし、FacebookとInstagramではユーザーに受けるコンテンツの内容が異なるので注意が必要です。
動画の内容やテキストの内容をInstagram向けに改変して配信しましょう。

上記の手順で、TOPICAはFacebook/Instagram上でのファンの増やし方やユーザーとのコミュニケーションの方法を習得していき、ナレッジを貯めていきました。
例えば、「ハッシュタグをどのようにチューニングして最適化すれば、人気投稿に載りやすくなるのか」ということであったり、「人気投稿のどの箇所に載れば、どれほどのフォロワーが増えるのか」といった数値の計算も細かくできるようになっています。

これらのノウハウはTOPICAだけに適したものでなく、他の企業様でも活用できる再現性のあるものであると考えているため、「TOPICA WORKS」というサービスに昇華して皆様にご提供しようと考えております。

動画マーケティングを導入した方がよい企業

どの企業も素晴らしい商品を持っていると感じます。
しかし、その商品を「誰にどうやってリーチさせればいいのか」が把握できていない企業も多い印象です。TOPICA式動画マーケティングは、以下の企業に特に効果があると考えています。

・デジタルマーケティングへの興味はあるが、行動に移せていない企業
・「いい商品を提供していれば、顧客の方から来てくれる」と受け身になってしまっている企業

今は、待っていれば顧客が来てくれる時代ではありません。
「顧客の方から探しに来てくれる時代」から「顧客に伝えに行く時代」に変化していることを認識し、企業自らファンに対してブランドを発信していく必要があるのです。

我々がこの記事や今後配信する情報をもとに、動画マーケティングを活用できていない企業の方々に少しでも興味を持っていただき、理解いただけたら嬉しいです。

まとめ

本記事では、動画マーケティングの概要として、目的・メリット・手順・成功事例などを一通り紹介しました。これからの時代のマーケティング活動における、動画の重要性が理解できたかと思います。

しかし、動画マーケティングに対して、「興味はあるものの活用方法がわからない」「難しそう」「自社ブランドに効果があるのかわからない」といったイメージをお持ちで、これまで動画に関する施策を検討する機会がなかった担当者の方も多いと思います。
そうした企業や担当者に向けて、TOPICAは自社で培ったオリジナルの動画マーケティング手法を紹介しています。
今後の記事では、テーマをより具体的に絞って解説していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。