インスタグラムのプロアカウントとは?どんなメリットがある?

服部莉奈

Instagram

マーケティングを担当している方であれば、ご存知の方は多いかもしれませんが、Instagramには通常のアカウントとプロアカウントが存在します。 広告を出稿したり、アカウントを分析したりできるので、Instagramの運用…

マーケティングを担当している方であれば、ご存知の方は多いかもしれませんが、Instagramには通常のアカウントとプロアカウントが存在します。

広告を出稿したり、アカウントを分析したりできるので、Instagramの運用に力を入れたい場合は切り替えが必須です。

そこで本記事では、プロアカウントに切り替えることで、どのようなことができて、どのようなメリットがあるのかについて解説します。

また、これからプロアカウントを作成し、本格的にインスタグラムマーケティングを始めたい方は下記の記事もおすすめです。

【運用のプロが解説】法人向け最新のインスタグラムマーケティング

インスタグラムのプロアカウントとは?

Instagram アカウント
Instagramといえば、「ビジネスプロフィール」の名称を聞いたことがある人もいるかもしれません。

このビジネスプロフィールは以前の名称で、今は「プロアカウント」という名称に変更されています。

個人・法人問わず利用できますが、集客や分析に特化した機能がついているので、企業向けのアカウントといえるでしょう。

インスタのプロアカウントのメリットは?

Instagram メリット
プロアカウントの具体的なメリットについて解説します。
特に分析ができるようになることが最大のメリットなので、確認しておきましょう。

インサイトから分析項目を確認できるようになる

Instagramインサイトはビジネスアカウントへの切り替えが済んでいるユーザーであれば、誰でも利用できるツールです。

具体的には以下のような情報が取得できます。

・リーチ
・インプレッション
・エンゲージメント
・投稿の保存数
・プロフィールビュー
・フォロワー情報
・プロフィールに設置したURLのクリック数
・メールアドレスのクリック数

フォロワー情報に関しては年齢や性別、地域まで分析できるので、細かいターゲティングを行う場合の参考になります。

ただ、インサイトの数字は確認するだけではなく、分析を改善へ繋げてこそ意味があるものです。

まずは目標から逆算し、KPIを決めましょう。

たとえばリーチやインプレッションなど、具体的な指標を使って、目標となる値を設定します。

そこから改善幅を算出し、仮説を立てて投稿、分析を繰り返しましょう。

Instagramインサイトが有用であることをお伝えしましたが、以下のような注意点もあります。

・PCから見られない
・データのダウンロードができない
・100人以上のフォロワーが必要

PCから見られないうえに、データのダウンロードができないことは、Instagramインサイトのデメリットです。

マーケターであれば、CSVファイルをエクセルやスプレッドシートに入れて分析することも多いはずなので、深い分析が必要な場合は、他のツールを検討してみましょう。

ただ、アカウントの黎明期であれば、さほど細かな分析も必要ないので、まずは気軽に導入してみることをおすすめします。

お問い合わせ先の表示ができるようになる

ビジネスアカウントに切り替えることで、お問い合わせ先の表示ができるようになります。

たとえば以下のような情報をプロフィールに載せられるので、ぜひ活用してみてください。

・住所
・電話番号
・メールアドレス
・マップ

飲食店などであれば、食べログのリンクを入れているケースもあります。

表示・非表示の設定ができるので、必要な情報のみ公開しておきましょう。

カテゴリラベルの表示ができるようになる

プロアカウントに変更することで、カテゴリラベルを表示できるようになります。

ふだんInstagramを利用する方であれば、プロフィール画像のアカウント名称の下に、カテゴリが表示されることはご存知ではないでしょうか。

ユニクロであれば「衣料品(ブランド)」、セブン-イレブンであれば「ショッピング・小売り」といった具合です。

2022年現在、カテゴリは一覧から選択するわけではなく、おすすめとして表示される項目から選択する仕様です。

もし該当する項目がない場合は、検索窓から検索します。

カテゴリはアップデートを続けているので、しっくりくるものがないか、細かく検索してみましょう。

Instagram広告の出稿ができるようになる

プロアカウントに変更することで、以下のような広告を出稿できるようになります。

・フィード広告
・ストーリーズ広告
・リール広告
・ブランドコンテンツ広告

広告を出稿したいのであればビジネスアカウントへの切り替えが必須となります。

低予算から配信することができるうえに、Instagramインサイトで効果を分析できるので、広告出稿を検討する方は切り替えを済ませておきましょう。

DMのフォルダを使い分けられるようになる

InstagramにはDMの機能があります。

ただ、通常のアカウントではフォルダ分けはできないので、メッセージは一括で管理する必要があります。

一方のプロアカウントでは、ダイレクトメッセージは以下3つのタブに分かれています。

・メイン
・一般
・リクエスト

届いたDMを「メイン」と「一般」に振り分けることで、メッセージの管理がしやすくなります。

使い方は自由で、頻繁にやり取りする人とそれ以外で分けたり、未対応と対応済みで分けたりすることでDMを有効に活用できるはずです。

ちなみに「リクエスト」には、メッセージリクエストに許可を出していないユーザーが表示されます。

今後DMでやり取りしたいユーザーがいる場合は、許可をしておきましょう。

プロアカウントに切り替えた際のデメリット

 instagram デメリット
プロアカウントへの切り替えはメリットの方が圧倒的に多いですが、一つだけデメリットがあります。

それはアカウントを非公開にできなくなることです。

「鍵アカ」にして、家族や友人などにしか投稿を見せたくないという人には、プロアカウントはデメリットに感じるかもしれません。

ただ、あくまでも個人レベルの話なので、企業にとっては影響がないケースがほとんどです。

SNSを使ってクローズドなサービスでも展開しない限りは、非公開の設定はまず必要ありません。

前述のとおり、メリットがデメリットを上回るという人の方が多数になるでしょう。

ただ、プロアカウントから個人アカウントの切り替えも、設定画面から簡単にできますので、それほど大きな問題ではないかと思います。

プロアカウントのビジネス・クリエイターの違い

違い
Instagramのプロアカウントには、以下2つの種類があります。

・ビジネスアカウント
・クリエイターアカウント

過去の2つのアカウントは、カテゴリに違いがあったり、メッセージの受信トレイの仕様が異なったりしましたが、現在は両者に大きな違いはありません。

現在の主な違いは以下の通りです。

・連絡先の表示形式
・アクションボタンの種類
・広告の種類

電話番号とメールを登録しておくと、プロフィールに「電話する」と「メール」のボタンが表示されるのは共通で、ビジネスアカウントのみ住所を追加できます。

また設定できるアクションボタンも、ビジネスアカウントの方がバリエーションが多いです。

「予約する」「席を予約する」など飲食店向けのメニューが用意されているので、ぜひ活用してみてください。

一方、クリエイターアカウントにしかできないことは「ブランドコンテンツ広告」の出稿です。

企業がインフルエンサーや著名メディアと連携して、クリエイターの投稿を2次利用して配信できるというものです。

広告主がクリエイターへ「広告作成のアクセス許可」をリクエストし、クリエイターが「広告を承認」することで出稿が成立します。

クリエイターアカウントでは、自身のコンテンツへのアクセスを許可しているブランドパートナーや、どのコンテンツが広告に使用されているかを確認できます。

ブランドコンテンツ広告の具体的なメリットは、以下です。

・UGC(ユーザー生成コンテンツ)を活用するので、共感が集まりやすい
・ふだんリーチできない新規顧客にアプローチできる

ある意味では、クリエイターの投稿を二次利用することになるので、広告感がなくなり、ユーザーにも受け入れられやすくなるのが大きなメリットです。

また広告の対称となるインフルエンサーのフォロワーたちにも情報を発信できるので、自社のアカウントではリーチできない新規顧客へのアプローチも可能になります。

インスタのプロアカウントの切り替え方

プロアカウントへの切り替えの手順は以下です。

1.アカウントのログイン
2.右上の三本線をタップ
3.一番下の「設定」をタップ
4.中央の「アカウント」をタップ
5.一番下、青文字の「プロアカウントを取得する」をタップ
6.「無料のプロアカウントを取得」と表示されるので、「次へ」をタップ
7.当てはまるカテゴリを選択して「完了」をタップ
8.「ビジネス」か「クリエイター」を選択
9.プロフィールに表示される連絡先を入力

Facebookページへリンクする人は「Facebookにログイン」、不要な人は「スキップ」をタップ
Facebookページへ移動してリンク設定が終われば、アカウント設定は完了

プロフィールなど、細かい部分は後からでも調整できるので、ビジネスで使用するのにふさわしいものに変更しておきましょう。

【まとめ】個人も企業もプロアカウントがおすすめ

Instagramのプロアカウントには数多くのメリットがありますが、それは法人アカウントのみならず、個人にもいえることです。

広告の出稿などは法人向けのサービスですが、アカウントの分析ができるようになるので、Instagramを伸ばしたい人には嬉しいサービスではないでしょうか。

また料金がかかるわけでもないので、気になる人はぜひビジネスアカウントに切り替えてみましょう。