インスタグラムで見込み客(フォロワー)を増やす4つの方法

トピカ編集部

ショッピング機能

どの企業もSNSを通してサービスや商品の認知拡大に力を入れています。しかし、たびたび“フォロワーを集めているだけ”の企業アカウントを見かけます。企業アカウントの場合、フォロワー=見込み客を増やさなければなりません。今回は見込み客となり得るフォロワーの集め方をご紹介します。

企業でインスタグラムの運用を行う場合、「見込み客」となり得るフォロワーを増やしていかなければなりません。また、『【可能性大!】インスタグラムがビジネスで活用できる理由を解説』にて、インスタグラムは入口商品に誘導するためのツールであることを説明しました。

見込み客を増やす4つの方法

チョークで書いたフォロワーの文字
すでに自社の商品やサービスを購入したことのある「既存の顧客」ではなく、まだ自社の商品やサービスを購入する前の「見込み客」をフォロワーとして集めていくことになります。

では、どのようにして見込み客を増やしていけばよいのでしょうか。大きく分けて4種類の方法があります。

①アカウント運用

こちらは定期的な投稿を継続しながらフォロワーを増やしていく方法です。地道な運用が必要になるため、4種類のなかでもっとも時間がかかりますが、一度アカウントの世界観が認められれば、右肩上がりにフォロワーは増加し続けます。

詳しくは自社が運用する男性向け料理動画メディア「GOHAN」が『1円もかけずにインスタのフォロワーを30万人まで増やせた理由』をご参照ください。

②フォローやいいねのアプローチ

自社の商品やサービスに興味・関心をもってくれそうなアカウントに対して、フォローやいいねのアプローチを行います。

しかし、この手法はハッシュタグで地道に検索したり、現在もアクティブなアカウントなのかなどの確認が必要になります。基本的に手作業で進めることになるため、積極的にはおすすめしません。あくまで手法のひとつとして覚えておいていただけると幸いです。

③インスタグラム内で広告配信

インスタグラムは20〜40代の女性が特に多いため、女性をターゲットにした商品やサービスを宣伝するのにはうってつけです。また、ターゲティング精度が高いところも大きな特徴でしょう。

23億人以上ものユーザー数を誇る親会社のフェイスブックやインスタグラムのユーザーデータを用いて、「年齢・性別・地域・言語・関心・趣味」など細かくターゲットの設定ができます。ターゲットのイメージをしっかりと意識して広告配信を行うことがなによりも重要になります。

ここからはインスタグラムのキャンペーンについて詳しくご紹介します。キャンペーンとひと口に言ってもフォロー型や投稿型など、さまざまな種類があります。

インスタグラムキャンペーン

インスタグラムの画像
フォロワーをいかに増やすか、という点では「インスタグラムキャンペーン」がもっともおすすめです。インスタグラムキャンペーンや「ハッシュタグキャンペーン」などと呼ばれることもあります。

アカウントのフォローをキャンペーン応募の条件とするため、自社商品やサービスに驚異のある見込み客層からのフォローが期待できます。キャンペーン内容にもよりますが、最初からある程度見込み度の高いユーザーの集客ができるため、“質の高いフォロワー”を増やす方法としても大変有効でしょう。

インスタグラムで行うキャンペーンは大きく分けて4パターンに分類できます。

1. 投稿エントリー型
2. いいね!エントリー型
3. アカウントタグ付けエントリー型
4. フォローエントリー型

少し特殊ですが、商品のプレゼントではなく、企業アカウント内でユーザーの投稿を紹介(リグラム)するだけのキャンペーンもあります。

こちらは弊社(株式会社トピカ)が企画したプレゼントキャンペーンの一例です。

結果として約2,000人ほどフォロワーを増加させることができました。詳細は『【プレゼントキャンペーン】2週間でフォロワー2,260人増!成功理由は獲得欲求をくすぐること』にて紹介しています。

インスタグラムキャンペーンのメリット・デメリット

ここではあらかじめ知っておくべき、インスタグラムキャンペーンのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

自社商品をプレゼントするキャンペーンの場合、自社の商品に興味を持っていたり、欲しいと思っているユーザーが応募してくる可能性が高いです。そのためフォローを条件にすれば、見込み度が高いフォロワーを増やすことがきます。

また、キャンペーンの応募をきっかけに自社商品の購入やコアなファンにつながるなどの効果も期待できます。

実はインスタグラムキャンペーンは企業側だけでなく、ユーザー側にも大きなメリットがあります。Webサイト上で開催するキャンペーンは、フォームの入力などが必要になりますが、インスタグラムのキャンペーンはフォローや投稿だけで参加できることがほとんどです。従来のキャンペーンに比べてキャンペーンに参加するハードルがとても低いです。

デメリット

キャンペーンのデメリットは、応募者が多い場合は当選者を決める作業が大変になる、応募者が条件を満たしているかなど細かい部分のチェックが必要になります。

また、当選者にはDM(ダイレクトメッセージ)で必要な情報をきく必要もあるでしょう。プレゼントを発送する作業がある場合は、そのぶんの工数も発生することを念頭においておきましょう。

メリット・デメリットのまとめ

メリット デメリット
・自社商品や自社に興味・関心のあるフォロワーを集められる

・ユーザーが自社アカウント・ブランドに愛着を持ちやすくなる

・キャンペーン参加へのハードルが低い

・応募条件を満たしているか確認する必要がある

・プレゼントを送付する場合、DMの送付や郵送コストが発生する

キャンペーンに参加してもらうコツ

ユーザー側としては応募へのハードルを上げすぎないことが大切です。ただし、応募へのハードルが低すぎてもいけません。低すぎるとただ単にプレゼントがほしいだけ(見込み度の低い)のユーザーも混ざってしまいます。

また、運営側の作業のためにも応募条件を多く設定しすぎないこともポイントです。2〜3つほどの条件数が理想でしょう。

よくキャンペーンを告知する文章を長々と書いているアカウントがありますが、長文すぎるとインスタグラムでは読みづらくなってしまいます。「いつ何をすれば応募ができるのか、またその見返りは何なのか」を簡潔に伝えられる告知文が理想です。

以上、フォロワーを増やす方法、インスタグラムキャンペーンのメリット・デメリットと実施するうえで気を付けるポイントをご紹介しました。

キャンペーンはターゲティングと施策が肝心です。ポイントを押さえていればフォロワーを大きく増やすことができるでしょう!

また、インスタグラムの運用に関しては、当社(株式会社トピカ)でもご相談を承っております。

・フォロワー数や動画再生数が伸び悩んで困っている
・やりたいことはあるが、運用ノウハウがない
・リソースがないので運営代行してほしい

といったお悩みやご要望にも無料でご相談にのることも可能です。お気軽にお問い合わせください!