TikTokマーケティングとは?他のSNSと違いや特徴、成功事例を解説!

服部莉奈

TikTok

本記事では、TikTokマーケティングの特徴や運用方法について解説しています。「TikTok消費」というワードが生まれるなど、SNSマーケティングにおいて見過ごせないツールです。 自社の製品や目標と照らし合わせ、TikT…

本記事では、TikTokマーケティングの特徴や運用方法について解説しています。「TikTok消費」というワードが生まれるなど、SNSマーケティングにおいて見過ごせないツールです。
自社の製品や目標と照らし合わせ、TikTokを活用できるか考えましょう。

TikTokは、独自のバズりやすさと購買意欲の高さが特徴のSNSです。

ユーザーは情報収集の場としてTikTokを使用しており、マーケティング業界では「TikTok消費」というワードが生まれました。
ユーザーの平均年齢も年々上昇しており、マーケティングツールとしての需要が高まっています。

自社の利益を最大化するためには、若者が踊っているだけのSNSというイメージはすぐに払拭すべきです。

本記事では、TikTokマーケティングの方法について、TikTokの特徴や運用事例を挙げつつ解説します。

TikTokの活用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

マーケティングツールとしてのTikTokの特徴

TikTok
TikTokはショート動画を楽しむためのエンタメプラットフォームです。
しかし、TikTokから購買行動が起こるようになり、マーケティングツールとして活用されるようになりました。

マーケティングツールとしてのTikTokは以下の特徴があります。

1.拡散力が高くてバズりやすい
2.ユーザーの平均支出金額が高い
3.広告のクリック単価が安い
4.広告のCV導線を設計しやすい

SNSマーケティング広告は、各媒体の特性を理解して使いわけなくては効果的な利用ができません。

ここでは、TikTokのユーザー層や購買の傾向を解説します。

1.拡散力が高くバズりやすい

TikTokは、バズ性能が高く拡散力があることで有名です。
TikTokは以下2つの特徴で構成されています。

・レコメンド機能
・無限スクロール

つまり、ユーザーが自発的に検索しなくても、スクロールだけで別の動画が流れ続ける仕組みです。

ユーザーは飽きるまでスクロールを続けて、気になる動画を探します。

登録者数や認知度に関わらずインプレッション数が増えやすいため、少しのきっかけでバズを起こせるのです。

2.TikTokユーザーの平均支出金額が高い

TikTokユーザーは平均支出額が高い傾向にあります。

博報堂が毎年行っている「コンテンツファン消費行動調査」の2021年版によると、TikTokユーザーがコンテンツに払う平均額は約8万5862円でした。

参考:https://digiday.jp/platforms/the-real-image-of-tiktok-users-from-the-content-fans-consumption-behavior-survey/

SNS全体の平均支出額が約4万2538円なので、2倍以上の金額がTikTokから消費されているということです。
TikTokは購買意欲が高いユーザーが集まるSNSで、自社商品の認知や販売に適している媒体といえます。

3.広告のクリック単価が安い

TikTok広告は、他の媒体よりもCPC(クリック単価)が安いことで知られています。

クリック課金型広告の場合、1クリックあたり30から100円が相場です。

リスティング広告の平均が80から1000円ほどなので、TikTok広告の安さがわかりますね。

CPCが安いほど費用対効果が高まります。

つまりTikTok広告は、低単価で効果を出しやすいSNSということです。

4.広告のCV導線を設計しやすい

TikTokは、横スワイプでリンク先に遷移させられるためCV(コンバージョン)数を高めやすいのが特徴です。

ほかのSNSでは、CV導線を設計するために以下の障壁を考慮しなくてはいけません。

・プロフィールページへの誘導
・URLをタップしてもらう

2つの心理的障壁は高く、なかなかCVにつながりません。

一般的に、ユーザーはリンクに対する抵抗があるので、少ない工程でLPに遷移させることが大切です。

TikTok広告は「リンクをタップする」という心理的障壁がないだけでなく、成約までの距離も近いためCV導線をつくりやすくなります。

TikTokのユーザー層の違い

TikTok 年齢層
TikTokは若年層のアクティブユーザーが多いSNSです。

いわゆる「Z世代向け」のSNSと思われがちですが、TikTokユーザーの平均年齢は年々上昇しています。

先ほど紹介した博報堂の調査によると、2021年9月時点でTikTokユーザーの平均年齢は34歳でした。

若年層向けのビジネスと相性が良いのはもちろん、20代から30代向けにも利用できます。

TikTok公式によると、ユーザーは情報感度が高く、気になったものをすぐに検索する傾向があります。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください。
【2022最新】TikTokユーザーの年齢層の特徴について解説

TikTokの年齢層やユーザー層の特徴は?相性の良い業界も紹介!

TikTokでのマーケティング方法

TikTokは、拡散力が高く多くのユーザーにリーチしやすいSNSです。

本記事を読んで、自社でTikTokの活用を考えている方もいるでしょう。

TikTokを利用したマーケティングには、4つの方法があります。

1.公式アカウント運営
2.インフルエンサーの起用
3.広告運用
4.キャンペーン施策

自社のビジネス目標に応じて、適切な方法を選択しましょう。
それぞれの特徴を詳しく解説します。

1.公式アカウント運営

一般的な施策として、公式アカウントを運営する方法があります。
公式アカウントを運営する際は、ビジネスアカウントの設定がおすすめです。
ビジネスアカウントに設定すると以下の機能が追加されます。

・投稿動画の分析
・インサイト分析
・プロフィール情報の追加
・商用楽曲ライブラリーの利用

大手企業やプロダクションがTikTokで公式アカウントを運営しており、自社の認知拡大や広告媒体として利用しています。
参考:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5907/

2.インフルエンサーの起用

TikTokで人気のあるインフルエンサーを活用したマーケティング方法もあります。

タイアップ広告という形で、自社の認知拡大や製品をPRすることが目的です。

自社とマッチしたインフルエンサーに依頼することで、爆発的な広告効果が期待できます。

インフルエンサーには以下の2パターンがあり、依頼方法や規約が異なるので注意しましょう。

・個人で活動しているインフルエンサー
・事務所に所属しているインフルエンサー

タイアップ依頼の料金相場は特に決められていません。

TikTokの特性上、インフルエンサーとのタイアップはとても効果的な施策です。

3.広告運用

TikTokには、ほかのSNSと同様に広告を出稿できます。
出稿できる広告には種類があり、目的ごとに適切な手段を選択しなくてはいけません。

・ハッシュタグチャレンジ
・起動画面広告
・インフィード広告

ユーザーの目に触れる機会が多いほど、広告出稿の値段も高くなります。

認知拡大や製品の訴求、別媒体への誘導など、広告運用の狙いは多岐にわたるので、効果的に活用しましょう。

4.キャンペーン施策

TikTokには、ハッシュタグチャレンジやキャンペーンフィルターといった独自の拡散手段があります。

以上のキャンペーンは、専用の楽曲やハッシュタグ、フィルターをつけて動画を投稿することで、特典がもらえるキャンペーンです。

キャンペーンには「ユーザーに楽しんでもらいながら拡散できる」という特徴があります。

TikTokは、エンタメ性を含んだコンテンツがバズりやすいので、相性抜群です。

TikTokは2次創作も活発なので、拡散が期待できる施策といえます。

TikTokマーケティングの始め方

TikTokマーケティングを始めるためには、大きくわけて2つの手段があります。

1.代理店を活用する
2.自社ではじめる

TikTokは誰でも始められますが、運用するためには多くのリソースが必要です。

TikTokマーケティングの導入を考えている方は、以下の解説を参考にしてください。

1.代理店を活用する

TikTokマーケティングを代理店に任せることで、効率的なアカウント運用ができます。
SNSの運用は簡単ではありません。

・投稿
・分析
・改善

以上のサイクルを回しながら、小さな改善を繰り返してアカウントを育てていきます。

代理店を利用すればリソースを削減できるだけでなく、蓄積されたノウハウに沿って効果的に運用してくれるのでおすすめです。

株式会社TOPICAでは、数々の運用実績から培った最新のノウハウをもとに、動画を中心としたSNS運用をしています。

TikTok運用にお困りの方はぜひご相談ください。
お問い合わせはこちら

2.自社で始める

TikTokを自社で運用している企業もたくさんあります。

自社運用のメリットは以下のとおりです。

1.コストがかからない
2.ノウハウがたまる

人材さえ確保できれば、簡単にTikTok運用を始められます。

しかし、企業という成約がある中で0から運用するのは難易度が高く、効果が出るまでに時間がかかるのが欠点です。

長期的な目線でみると自社運用は効果的ですが、短期的な成果を目指す場合には向いていません。

TikTokマーケティングの成功のコツ

方法
TikTokは他のSNSとユーザー属性が異なるため、アプローチの方法も変わります。

決して簡単ではありませんが、拡散力が高くバズったときの効果は計り知れません。

TikTokマーケティングを成功させるコツは以下のとおりです。

1.動画冒頭で惹きつけるコンテンツを作る
2.分析機能を活用する
3.最新のノウハウをキャッチアップする

TikTokマーケティングにおいて、すべてが欠かせない要素です。
詳しく解説するので参考にしてください。

1.動画冒頭で惹きつけるコンテンツを作る

TikTokは「動画を消費する」プラットフォームです。

冒頭で興味がないと判断されれば、一瞬で動画を飛ばされてしまいます。

そのため、動画の視聴維持が高いほどおすすめに上がってきやすい設計になっているのです。

例えば、TikTokでは「〇〇あるある」という始まり方をする動画が人気ですが、これは冒頭を意識してつくられています。

TikTokを利用するなら、最初の1秒には最もこだわらなくてはいけません。

2.分析機能を活用する

TikTokでマーケティングを始めるなら、分析は避けて通れません。

先ほども紹介しましたが、マーケティングの基本は分析と改善です。

TikTokをビジネスアカウントに設定すると分析機能が利用できるので、必ず活用しましょう。

まずは以下のポイントに注力して分析するのがおすすめです。

・エンゲージメントの変化
・エンゲージメント率

エンゲージメントとは、いいね、コメントのことを指します。
再生数のうちいいね、コメントの割合や、どんな動画が伸びているのかを分析しながら運用しましょう。

3.最新のノウハウをキャッチアップする

TikTokは、トレンドやアルゴリズムの移り変わりが激しいことで有名です。

アルゴリズムの変更で、今までリーチを獲得していたノウハウが通用しなくなる場合もあります。

さらに、TikTokのトレンドは1週間ごとに変わるほどで、常に分析していないと対策が追いつきません。

TikTokでマーケティングする際は、最新ノウハウに基づいて運用することが大切です。

自社にノウハウがない場合は、プロに依頼するのもおすすめですよ。

TikTokマーケティング成功事例

TikTok 成功事例
TikTokは、マーケティングに活用できるプラットフォームです。

若者を中心に「新しい商品を発見する媒体」として利用されています。

実際に、TikTokマーケティングの成功事例はいくつもあり、担当者として無視できないSNSになりました。

ここでは、企業のTikTok活用が成功した事例を紹介します。

BtoB企業でのアカウント運用成功事例①

TikTokマーケティングに成功したBtoB企業として、三陽工業株式会社を紹介します。
三陽工業は、ものづくり事業を展開しており、TikTokを利用して就職希望者を大幅に増やした企業です。
中高年社員が踊っている動画が若者の間で話題となり、結果的に企業イメージまで変えてしまいました。
近年は、TikTokで就活情報を集める学生が多いため、採用に力を入れたい方はぜひ活用してみてください。

三陽工業株式会社
https://www.tiktok.com/@sanyoukougyou

BtoB企業でのアカウント運用成功事例②

https://sairu.co.jp/interview019

BtoCでのアカウント運用成功事例

TikTok運用で大きな効果を期待できるのはBtoC企業です。

Popteen公式アカウントでは、雑誌撮影の裏側やモデルの限定動画を公開する運用方針で高い評価を得ています。

2022年6月時点で46万人のフォロワーを獲得し、雑誌やモデルの認知拡大に貢献しています。

若年層との相性もよく、効果的に運用できているアカウントの1つです。

BtoCでの広告成功事例

TikTokは広告だけでも成果を期待できます。

メンズスキンケアブランドの「バルクオム」は、運用型のTikTok広告で新規顧客を獲得し続けている企業です。

TikTokを活用することで、CPC(クリック単価)を安く抑えつつCV(コンバージョン)を増やしています。

エンタメ性や音楽にこだわった広告を出稿し続け、蓄積されたノウハウをもとに「予算を増やせば獲得もついてくる」状態を作り上げました。

ビジネスアカウントを使い、0からの広告運用を成功させた企業です。

https://tiktok-for-business.co.jp/archives/6700/

まとめ:TikTokは多くのCVを狙えるマーケティングツール

本記事では、TikTokを活用したマーケティングについて、ユーザー属性や運用のコツもあわせて解説しました。

TikTokは、バズりやすさと購買意欲の高さが特徴のSNSで、効果的に活用すれば多くの新規顧客を獲得できます。

今やTikTokは、若者が踊っているだけのSNSではありません。

トレンドの移り変わりが激しく運用が少し難しいですが、マーケティング担当者としては見過ごせないツールです。

株式会社TOPICAは、最新のノウハウに基づいたTikTok運用を行なっています。

TikTokでお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

\企業のSNSを無料診断!

また、TikTokを活用したマーケティングについては、下記の記事で体系的に解説しています。併せてご覧ください

TikTokマーケティングとは?他のSNSと違いや特徴、成功事例を解説!